中国特許業務
河野特許事務所
所長弁理士 河野英仁
1.概要
 「日本にいながらハイレベルな中国特許業務を依頼者に提供する」をモットーに、2007年以降中国特許業務サービスを展開してまいりました。

 サービス開始以降、数々の中国特許民事訴訟事件、中国特許行政訴訟事件、中国無効宣告請求事件を受任し、目覚ましい成果を収めるに至っています。

 河野特許事務所では、中国特許紛争事件に豊富な経験を持つ所長弁理士河野英仁、中国弁理士孫娇を中心に、事件の徹底した分析、専利法・司法解釈・判例をベースとした的確なアドバイス、証拠収集、対象企業の調査等を行い、案件を成功に導きます。

2.河野特許事務所の強み
(1)所長弁理士河野英仁が直接丁寧に対応
 中国語での直接対応が可能であり、日米中で数多くの係争業務を手掛ける所長弁理士河野英仁が、依頼者と一体となって最後まで戦い抜きます。所長弁理士河野英仁は中国清華大学法学院にて知的財産権法を学び、これをベースに最新の専利法、司法解釈、判例研究を継続して行い、係争実務にフィードバックさせています。

 事案によっては最初から形勢が不利な案件もあります。そのような場合でも特許回避案の提案、特許後補正による権利維持、粘っての和解交渉への持ち込み等、状況に応じて様々なプランを提案することができます。

 またクレーム解釈、証拠収集、イ号製品の分析、関連情報の収集時においても直接中国語資料を基に細部にわたって分析を行うため、言語の相違に基づく微妙な認識の違い、相手方弱点の発見が可能です。中国特許係争業務は言語の相違が大きな壁となりますが、所長弁理士河野英仁がこの壁を取り払って的確・素早い分析を行います。

(2)スピードとコストパフォーマンス
 中国特許係争業務においては、迅速な対応が要求されます。例えば答弁書提出期間は1か月しか与えられず、1か月以内に相手方書面及び中国語証拠を分析し、中国語で反論する必要があります。場合によっては動画撮影、PPTプレゼン資料の作成が必要となるほか、依頼者様に実験をお願いする場合もあります。

 河野特許事務所では所長弁理士河野英仁が直接中国代理人と中国語でコミュニケーションを取り、所内中国弁理士孫と共にスピーディな対応を行います。高い言語対応能力に加えて、時間的ロスのない的確なアドバイスが可能であるため、スピーディかつコストパフォーマンスの高いサービスを実現することができます。

(3)多様なネットワーク
 中国代理人、裁判官、中国企業の知的財産部員、現地メディアとの強力なネットワークが強みです。人脈を生かした情報提供、各種支援が可能です。

3.中国特許業務担当者
 クライアントの高い評価に支えられ、徐々に取扱業務量も増加し、現在ではより丁寧、かつ、迅速なサービスを行うべく、日本人スタッフと中国人スタッフが力を合わせ対応しています。

中国特許担当者
主な特許技術分野と主要中国業務分野

左から
弁理士 新井景親(機械、意匠)

中国弁理士 孫姣(物理・電気、民事訴訟・行政訴訟、審判)

弁理士 河野英仁(電気・IT、商標、民事訴訟・行政訴訟、 審判、著作権、
税関対応、調査、植物品種登録)

中国特許技術者 王瑾(機械、審判、調査、著作権、植物品種登録)  


4.
訴訟実績など
 工作機械中国特許訴訟事件、医療機器中国特許訴訟事件、工業用部品中国特許訴訟事件、自動車部品中国特許訴訟事件、調理器具特許訴訟事件等、様々な中国特許民事訴訟事件において勝訴判決を得ております。

 特許民事訴訟事件以外に、無効宣告請求事件、特許行政訴訟事件を数多く手掛けており、日本国内のみならず中国特許関係者にもその活躍が知れ渡っています。


中国知財雑誌社からインタビューを受ける所長弁理士河野英仁


「中国特許法と実務」 経済産業調査会
中国での特許権利化及び訴訟の全てをまとめた解説書

5.サービス内容
主なサービス内容は以下のとおりです。各リンクの詳細をご参照ください。
中国知財担当者のご案内
~日本にいながらハイレベルの中国知財サービスを提供~
中国実用新案特許侵害リスク低減プログラム
~急増する中国企業の実用新案特許権、日本企業の備えは~
中国職務発明規定作成支援サービス
中国著作権登録サービス
中国特許民事訴訟、模造品対策支援サービス
中国特許無効審判、情報提供サービス ~競合中国企業の特許の無効化・権利化阻止~
中国ソフトウェア著作権登録
中国特許出願支援サービス
中国商標登録出願サービス
中国特許関連記事
早わかり中国特許(連載)
中国特許判例(連載)
中国商標判例(連載)

6.ご相談窓口
河野特許事務所  担当 河野英仁まで
info@knpt.com
TEL 03-5512-8115(東京)/06-6944-4141(大阪)
以上
トップページ